脱肛というのはどのような病気なのか

脱肛という病気をご存知でしょうか。
肛門、または直腸の下の方にある粘膜が、肛門外に出てしまうことをこのように呼びます。
原因はいくつかあり、肛門の手術をした後に起こるものもあれば、加齢による括約筋、または周囲の組織が弱くなったために起こることもあります。
それ以外には、内痔核によるものも挙げられます。
内痔核とはいわゆるイボ痔のことです。
いずれの場合も、粘膜が外に露出することで刺激を受けるようになり、分泌液が多くなったり、あるいは出血したりで、下着を汚すようになります。
また、下着でこすれるようになるため、かゆみを覚えるようにもなります。
このような症状に気付いた場合には、肛門の回りを清潔に保つように心がけます。
トイレの後や入浴時は、必ず温水で肛門を洗って、自然乾燥させるのがベストです、下着も通気性のいいものにして、刺激物などと摂るのもなるべく避けるようにしましょう。
それでも改善しない場合は、肛門科を受診して、軟膏などの薬を用いて治療するのがお勧めです。
根本的に脱肛を治療したい場合は、やはり手術になります。
また、普段から括約筋を締めるための運動を行うと、脱肛をある程度予防できます。

伝票印刷のご依頼伺います。

無料体験実施中!大阪のボイストレーニング教室ならココ!

脱肛手術の専門医 千葉の消化器科(その他の消化器科の症状もご相談下さい。)

浮気の兆候があるなら浮気調査を依頼しませんか?

化粧品の委託販売!主婦の副業ブログ

最新記事

  • 肛門科のクリニックでは、脱肛やイボ痔などの治療を行っています。
    女医が在籍しているクリニックも …

    関連ページ①

  • 脱肛とはお尻の静脈がうっ血して膨らみができその粘膜がお尻の外に飛び出してしまう病気ですが、この原因は …

    関連ページ②

  • 脱肛とは肛門粘膜脱とも呼ばれ、肛門や直腸の下の方の粘膜が肛門の外に出る病気です。
    脱肛のは内痔 …

    関連ページ③